身近になった

strong teeth

治療法を受けるためには

インプラント治療は義歯の一種です。もともと、インプラントという言葉は体内に埋め込む器具の総称として用いられている言葉ですが、日本ではとりあけ歯科治療におけるインプラントを指す言葉として使用されています。日本で注目され始めたのは比較的最近のことですが、はじめて日本でインプラント手術が行われたのは1980年代ということはあまり知られてはいません。 最近では街中の歯科医院でもインプラントを採用するところが増えているため、気軽に利用することができるようになりました。インプラントには手術が必要であるため、必ず術前の検査が行われます。歯周病など、口腔内にほかの病気がある場合は先にそちらの治療が必要となることもありますし、顎骨の状態によっては追加検査が必要となることもあります。また、持病によっても治療の可否が変わりますので、医師の術前カウンセリングは非常に重要です。

インプラントが人気の理由とは

インプラント治療が人気を集めているのには理由があります。まず、インプラントはほかの義歯と比べ、噛み合わせの不具合が少ないといわれています。顎骨に歯根となる金属を埋め込み、やがてその金属が骨と結着するため、力をいれて噛みしめることができます。また、金属に取り付けた義歯もずれたり外れたりといった不具合が少なく、食事を楽しむことができるとして評判です。 インプラントは見た目が美しいことをメリットとして挙げる方も多いものです。入れ歯や義歯のように、歯の表面に金属が見えることがなく、埋め込んだ金属も義歯を取り付ければ全く見えなくなります。そのため、見た目ではどこが義歯か判別がつきにくいのです。こうした見た目の美しさから、インプラントは審美歯科でも広く利用されています。